甘酒といえば、桃の節句を思いますが、実は年中おすすめしたい健康飲料。

 

 

特に夏は冷やして飲むと、とってもおいしいのです。

 

 

今回はその甘酒の魅力についてお話します。

 

 

IMG_4252.jpg

 

 



1. 六星の甘酒は、お酒ではありません

 


甘酒の原点にこだわり、六星のうるち米を丁寧に炊き上げ、

 

手作り糀(こうじ)で仕上げています。

 

お子さまにも安心して飲んでいただけます。

 

 

 


2. 砂糖不使用、自然の甘み

 


やさしいオリゴ糖の甘みが楽しめます。

 

オリゴ糖は体内ですぐに分解され、溜まりにくく、肥満の心配もありません。

 

 


3. おいしく飲んで血行促進

 


オリゴペプチドがコレステロールの増加を抑えたり、

 

細かい食物繊維が毛細血管まで入り、血行促進の手助けをします。

 

 


4. 夏バテ防止に

 


必須アミノ酸やビタミンB類が豊富に含まれており、その成分は点滴によく似ています。

 

江戸時代には夏バテ防止の健康飲料として親しまれていた歴史があります。

 

 


5. 調味料としても活躍

 


自然の甘みが得られるため、いろいろな料理に調味料として活用されている方が増えています。

 

HPの六星レシピでもご紹介しています。

 

 

甘酒とりもも焼き.jpg   【甘酒で美味しい!とりもも焼き】

 


季節の野菜漬け.jpg   【季節の野菜漬け】

 

 


六星レシピのページはこちら> https://www.rokusei.net/blog_recipe/2012/06/000731.php

 

 

 



飲んでも、隠し味にもいろいろと使える甘酒。

 

 

高い栄養素があり、美容と健康に良いのは分かられたと思うのですが、

 

 

本当に知ってほしいのはこの「味」。

 

 

 

砂糖不使用、米本来の甘みはしつこくなく、後味がさっぱりしています。

 

 

小さい頃に飲んでちょっと苦手だな、という方にこそ試していただきたい一品です。

 

 



冷蔵庫にぜひ一本。体にも心にもやさしい甘酒で、この夏を元気にお過ごしくださいね。

 

 

甘酒のページはこちら> https://www.rokusei.net/webshop/products/detail.php?product_id=12kome.png
 

 

毎年恒例、六星の七夕まつりが7月7日(土)・8日(日)の2日間にわたって行われました。

 

 

初日は雨で心配だったのですが、結果、多くのお客さまに来ていただきました。

 

 

 

本当にありがとうございました。

 

 



今回のテーマは「農」と「食」を楽しもう!ということで、

 

 

さまざまな形でみなさまに農業と食にふれあってもらいました。

 

 


つきたて餅ふるまいでは、お子さまたちが餅つきにチャレンジ。

 

 

七夕1.jpg

 



野菜に関するクイズ大会や

 

 

七夕2.jpg

 



みんなで塩糀を作ったり・・・

 

 

七夕3.jpg

 



どろんこ会場では

 

 

七夕4.jpg

 


農機の体験や、田んぼの生き物とふれあって、

 

 

七夕5.jpg

 

 

七夕6.jpg

 

 



獲れたての野菜のおいしさも味わってもらいました。

 

 

七夕7.jpg

 

 



一つひとつ切り取ってみると、本当に日常のささいなこと。

 

 


ですが、大勢でやれば小さなことでも大きな楽しさにつながります。

 

 


いろいろなことに挑戦する子どもたちの笑顔、それを見て楽しそうに笑う大人たちの温かい目。

 

 

 

みなさまと一緒に過ごす中で、私たちもいっぱいの元気をもらいました。

 

 



さぁ、次は秋の収穫祭!またみんなで食べて、遊んで、盛り上がりましょうね!