春は新生活が始まる季節。

入学や就職、異動など様々な「新」をスタートする方も多いと思います。

忙しくなる日々に欠かせないのが、エネルギーとなる食事。

この春は食事の基本「おいしいお米」で新生活をスタートしてみませんか。

 

ごはんが人気の直売店

 

六星の直売店「むっつぼし」ではおむすびやお弁当が大人気。

お昼ともなるとたくさんのお客様がレジに並びます。

使用するお米はもちろん自家栽培米。

「ごはんがおいしい!」「子どもがここのおむすびしか食べない(笑)」などいろんなお声をいただいています。

そして、ご自宅用のお米を買う方もたくさん!

地元の方々に愛されるお米は今や全国の飲食店やデパート、そして各ご家庭のみなさまに食していただけるようになりました。

 

おむすび01.jpg

 

お米がおいしい理由 ①苗から育てる自社栽培米

 

六星のお米は自社栽培米。

じっくりと苗づくりからスタートします。

苗づくりはかなり重要な作業で、これを失敗すると生育に影響が出たり、もう苗の時点でダメになったりしてしまいます。

温度管理を徹底し、甘やかすだけでなくローラーで踏んでストレスを与えたりしながら、立派に育つようお世話をしていきます。

 

okome01s.jpg

 

苗踏み01.jpg

 

お米がおいしい理由 ②霊峰白山 水の恵み

 

おいしい作物は、おいしい水から育つと言われます。

六星の田んぼの水は、霊峰白山からの伏流水。

大地から溶け出すミネラルを含んだ水で、稲はすくすく育ちます。

スタッフたちはその成長の妨げになる雑草や虫、病気などに気を配りながら秋の収穫までお世話を続けます。

 

okome03s.jpg

 

okome04s.jpg

 

okome05s.jpg

 

お米がおいしい理由 ③発送までを、全て自分たちで

 

秋の収穫を迎え刈り取ったお米は、自社ライスセンターへ運ばれ、乾燥などをさせ、その後保管されます。

そしていよいよ出荷となる精米所へ。

精米から袋詰めまで行い、みなさまの元へ発送となります。

ここまでを一貫して行うことで途中何か問題に気付いたり、またできるだけ精米したてのものを出荷できるなどのメリットがあります。

お客様にとっても「この会社が全部やっているんだ」という安心が生まれます。

「おいしい」は味はもちろんのこと、こうした安心感があってこそ心から感じられるものでもあります。

 

okome06s.jpg

 

okome07s.jpg

 

ふっくら、つやつや、もちもちのコシヒカリ

 

六星で育てているうるち米は「コシヒカリ」。

炊き上がりにフワッと漂うお米の香り、つやつや、ふっくらとした粒に食欲がそそられます。

食感はもちもちとして、冷めてもおいしくいただけます。

新生活でこれからお弁当を作らなきゃ、という方にもおすすめです。

新しい一年が始まる春、おいしいお米とともに元気にスタートしてくださいね。

 

okome08.jpg

 

六星のお米一覧ページはこちら