期待の星★インタビュー

多彩なパーソナリティーが集合!! 六星の若きホープ達をご紹介します。

いろんなことを吸収して成長していきたい

濱中 和香子
所属・役職:店舗課長坂店
入社年:2017年
出身地:石川県穴水町
出身校:長野県短期大学
趣味:水族館に行くこと。映画を見ること。

わたしの志!

1. 入社のきっかけは?

 私は料理が好きで、短大では栄養士の勉強をしており、学生時代に得た知識を活かせる職に就きたいと考えていました。六星では、得意分野の調理の仕事以外にも接客などいろいろなことに携われることができるという点に興味をもったことがきっかけでした。

2. 入社1年目はどんな仕事をしましたか?

 惣菜の調理やランチの準備からレジ接客や商品の発注など、1年目から少しずつではありましたが、たくさんの仕事を任せられました。一日の中でも、ランチタイムや夕方など何度かあるピークをいかに乗り越えるか、常にスタッフとお客様の動きを見ながら臨機応変に動けるよう日々心がけています。
 毎日仕事に追われているけれど、接客中にお客様から「ありがとう」と声をかけられた時が一番うれしいです!

3. 今後の目標を教えてください。

 長坂店では他のスーパーではあまり見かけないような変わった野菜を販売しており、よくお客様から「これどうやって食べるの?」というお問い合わせをいただきます。私なりに説明はしているけれども、まだまだわからないこともたくさんあるので、野菜の特徴や調理方法など知識を増やしてお客様にいろいろな提案をしていきたいです!

4. 最後に就活中の学生へメッセージをお願いします。

自分がどんなことがしたいのか、優先順位を決めて就活に挑むことが大切だと思います!

5. 宮城マネージャーよりメッセージ

 小さな体や控えめな性格からは想像できないくらいの頑張り屋さんで、日々頼もしく見ています。特に後輩ができてからはその頑張りに責任感も加わってきた様で、益々今後に期待が持てます。
 店の仕事というのは「お客さま」という「人」を相手にする場所なので、常に「お客さま」の顔や動きを見ながら、何を求めているのか、どうしたら気持ち良く買い物をしてもらえるのかを考え、スタッフの動きを見てその時のベストを尽くせるように自らが動いたり、人を動かしたりしてください。そうすればもっとたくさんの「ありがとう」が毎日もらえるようになりますよ。

ある1 日のタイムスケジュール

8:30
開店準備(お惣菜パック詰め、商品陳列など)
10:00
接客(レジや量り売りなど)
14:00
昼休憩
15:00
翌日の仕込み
(ランチやおむすび用のお米の準備)
レジ接客、商品発注
19:00
閉店作業(レジ閉め、ロスチェック)(~20:00頃)