生産

請負耕作で石川県最大規模の稲作農業

石川県で最大規模の稲作農業を行っています。
面積は東京ドーム約30個分、大小合わせて約1700枚の田畑です。これは300名以上の地主の方から栽培請負のご依頼を受けた農地なので、大切に活用していくことを心がけています。

「稲を見る目」を鍛えながら挑む米作り

コシヒカリを中心とした主食用のうるち米の生産に力を入れています。
水・土・気温・天気などの変わりゆく諸条件の中、 20-30代を中心としたスタッフが「稲を見る目」を鍛えながら、米作りに挑んでいます。また、収穫後の乾燥・貯蔵・精米などにも気を配っています。
これらの活動を通し、安心でおいしいお米をお客様に安定的にお届けすることを目指しています。
また、餅や和菓子に加工するためのもち米の生産が多いことも特徴です。
店舗で販売するための野菜の生産も行っています。

加工

こだわりのもち米を活かした加賀独特のお餅

栽培方法・地域を特定したこだわりのもち米の良さを最大限に引き出す餅作りを目指しています。加賀の文化である紅白の鏡餅やおぞうに餅、豆がたっぷり入った豆板餅などが看板商品です。そして、ほんのり塩味がすることで伝わるもち米本来の味わいも当社のお餅の特徴です。
手作りでなければ出せない独自の風合い・味わいと、保存性・安全性・利便性を考慮したパッケージや工場の衛生品質管理を組み合わせて、お客様のご期待に応えられる餅作りを目指しています。

ハッピーな気持ちになれるお米が主役のお弁当

「六星のお米をもっと気軽に楽しく食べてもらいたい!」という思いから始めた弁当・惣菜事業。主役のお米が引き立つようなお弁当作りを目指しています。また、季節に合わせた提案やお米にあう惣菜作りにも工夫を凝らしています。 安全性への配慮と共に、当社のお弁当を召し上がっていただくことで、お客様の気持ちが少しハッピーになればと願っています。

販売

石川県内で運営する3つの顔を持つ直売店

石川県内で3店舗の直売店を運営しています。店ごとにコンセプトや商品、サービスに工夫を凝らしながらお客様のご期待に応えられるお店を目指しています。 各店舗の詳しい情報は こちらをご覧ください。

お米・お餅を提案する専門的な卸売

お米とお餅に特化した卸売営業を行っています。お米のことや、日本人の伝統やお祝いごとに欠かせないお餅のことを専門的な視点からご提案しています。
小売店や飲食店などのお客様のニーズに応えていくことで、エンドユーザーの皆様にも継続的にご満足いただけるような取り組みを目指しています。

お米やお餅等の個人注文にお応えする通信販売

電話・FAX・インターネットなどを活用して、お米の定期お届け便や年末を中心としたお餅の販売を行う通信販売。
当社の主力であるお米やお餅は日常的なものだからこそ、お客様の日常に安心とささやかな喜びをご提案できるようなサービスに努めています。
季節の話題をちりばめた広報誌や商品の特徴をお伝えするカタログ・ホームページなどもその取り組みの一環です。